Official Hige Dandism – Parabola Lyrics

​Official髭男dism「パラボラ」の歌詞

ダンボールだらけから幕開けた日々は
想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる

片づくことを知らないこの部屋はなんだか
他の誰かの暮らしから借りてきたみたいだ

まっさらなノートの上
一文字目を書き出すようにして
期待感と不安感が混ざったインクに浸した心で

互い違いに歩き出した僕の両足は
どんな未来のアスファルト踏みしめていくんだろう

靴底を擦り減らしてドアの向こう側
まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も
追い越すような軌跡を描いてみせるよ
いつかきっと
いつかきっと

思い違いだらけのメチャクチャな過去を
振り返るたび未熟さにむず痒くなるけど

定規で書いたような将来の雛形を知らぬ強さに
何故だか僕らは不可思議に救われたりする

暗いへやに鳴り響いた誰かの鼻歌
声ですぐにわかったよずっとここにいたんだろ

君が僕に歌い継いだいつかのララルラ
胸ポケットで密かに呼吸をしている夢ならば
必ず僕がちゃんと叶えておくよ
固い誓いを
今たてよう

互い違いに歩き出した僕の両足は
どんな未来のアスファルト踏みしめていくんだろう

靴底を擦り減らしてドアの向こう側
まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も
追い越すような軌跡を描いていけるよ

そして遥か先をゆく
どっかの僕が迷わないように
眩い光放ってみせるよ
いつかきっと
いつかきっと

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *